喉を開くって何!!??
前回腹式呼吸について解説させて頂きましたが、せっかく腹式呼吸が出来ても喉を閉めてしまっては意味がありません!!
今日は喉の開き方についてお伝えさせて頂きます☆

喉の開き方はそんなに難しくありません。
簡単に言いますと「あくびをしている状態」にすると喉は開きます。
これはどのような状態かと言いますと

のど仏が下がり、軟口蓋が開いている状態です。
軟口蓋はわかりやすく言いますと、喉ちんこの奥のやわらかい空洞のようなところです。
あくびをしている口にするとそこが開いているのを感じれると思います。

歌っている時にこの状態を意識する事が非常に大切になります。

あと、喉に負担をかけて歌う人の大半は力を入れすぎてしまっています。
舌根(下の付け根)や咽喉に力が入る癖がついていると、喉が閉まり高い声も出せなくなります。
この状態で歌うとすぐ喉が痛くなったり、声が裏返ったりします。
力が入る癖を取るのは時間がかかりますが、まずは舌根、咽喉に力を入れないところ初めてみましょう☆